★2022年11月号

2022/11/05

AKB48のツインテールガール・千葉恵里「久しぶりのリップグロス」センター経験を語る

 AKB48の新センターが、Forty-Eight Timesにソロ表紙で登場です。チームA千葉恵里さん(19)が10月19日発売の60thシングル「久しぶりのリップグロス」で初めてセンターに就任。2015年の第2回AKB48グループドラフト会議に、当時小5で1巡目指名で加入して7年。ついに看板娘に成長しました。グループ屈指の美少女の美しすぎるグラビアとともに、えりいの秘めた思いをご確認ください。

 ――シングル発売日前後からテレビのソロ出演が増えてきました

 今までは生放送の出演も誰か先輩と2人が多かったので、1人での出演はめっちゃ緊張しました。(10月19日放送の情報番組『ポップUP!』は)何とか乗り切りました。

 テレビを見てくれていたメンバーたちにも「緊張してないじゃん」って言われたんですけど、実際はめちゃくちゃ緊張していました。そう見えないみたいです(笑)。


 ――AKB48の大先輩の前田敦子さんと初共演でした

 本当に優しくって、番組のCM中でカメラが回っていないときも話しかけてくれたし、本番前に楽屋までCD「久しぶりのリップグロス」を渡しに行ったときも「一緒に写真撮ろう」って言ってくださって。それに、とにかくお顔がすごく小さくてびっくりしました。

 私は、前田さんとは活動は重なっていなくて、お話しすることは初めてだったのですが、もともと大ファンだったので、本当にうれしかったです。


 ――緊張していたと言われますが、結構、自由にしゃべられていたように見えました

 一応、台本もありましたし、それをたくさん見て準備して臨んだからですかね。それでも、生放送となると緊張しました。

 ――初センターになったことを母に報告しようとしたら、事務所社長から先に伝わっていたというエピソードを披露して、スタジオを笑わせていました

 あれは本当に、家に帰ってママに報告したら「あっ、知ってるよー」って返されて、「えっ?」って。(元HKT48劇場支配人で現所属事務所社長の)尾崎さんが先にしゃべっちゃっていました(笑)。

 ――テレビ出演時は必ずツインテールとこだわっているとか

 最近は「AKB48のツインテールといったら千葉恵里」と言ってくださることが多いですし、テレビ番組でも「AKB48のツインテール担当」と紹介されることが多いので、たくさんの人に私のことを覚えてもらうまでは、これを続けていこうって思っています。

ファン満足感が高いMVに


 ――さて、その新センターのシングルでのミュージックビデオ撮影はどうでしたか? 沖縄ロケも敢行しました

 MVの最初に自分のソロから始まることも、自分のソロカット数が多いことも、もちろんすごくうれしいです。実は、ダンスの振り付けをしたのは撮影前日で、それでいて(ゼロポジションで)自分の前に誰も立っていないことは不安だったんですが、ドローン撮影までしてもらって、素敵なカメラアングルで撮っていただきました。

 ――MVのデキは?

 公開される数日前ぐらいに、先にメンバー何人かで見たのですが、メンバーが平等に映っていて、彼女感も出ていて、「これはファンの皆さんの満足感も高いMVだな」って思えました。とにかく、みんなかわいいです!

 ――MVの中で、千葉さん以外におすすめメンバーは誰かいますか?

 大西桃香さんです! 顔が良すぎ! 本人に面と向かって言ったことは無いんですけど、最近はさらにビジュアルがアップしてきていらっしゃって、秘かにファンなんです(笑)。顔がいい、プラス性格もめっちゃ良いんです。「こんな人居るの?」ってぐらい優しいんです。

 私は、幼いときから、もともとチーム8さんが好きでしたし、もしも私がAKB48に入っていなかったら、ファンとして絶対に握手会行ってるはずです(笑)。


 ――新曲のセンターパフォーマンスを劇場公演でもお客さんの前で披露しました

 歌番組のときとは、立ち位置が少し違っていたので、劇場でも少し緊張しました。

 ――センターとなると注目される度合いも違ってきます

 プレッシャーはあまり感じたくなかったですし、まとめるのも苦手なので、自分らしく、ゆる~く頑張っています(笑)。

(写真5枚)※ライブの写真は10月7日~10月9日の武道館コンサート取材時のものです
次ページ以降を含めて写真は合計15枚

(次ページからは有料会員限定記事となります)
タイトル:AKB48千葉恵里ソロインタビュー「女性ファンが目に見えて増えてきています」 に続く

キーワードから探す

Now Loading...

只今処理中です しばらくお待ちください