★2022年8月号

2022/08/13

初選抜記念ソロインタビュー NMB48泉綾乃 特別な14人選抜は夢のようでほわほわ

 NMB48が9月に27thシングルを発売。3月27日に開票された「NAMBATLLE2~愛~」というファン投票企画で選ばれた14人が選抜メンバーとなります。
 その中で、2018年8月のデビューから4年。第9位に入り、悲願の初選抜をつかんだ泉綾乃さん(17)の登場です。
 「NAMBATLLE2~愛~」の思い出、最近スタートした選抜メンバーとしての仕事、さらにはZepp Osaka Baysideでの夏のコンサート「NMB48 NAMBAZAAR 2022」についても、熱く語ってもらいました。

待ちに待った選抜初仕事


 ――最近の選抜のお仕事について

 YTV「カミオト-上方音祭-」に出させていただいたり、MV撮影と、今まで自分が経験したことのないことをたくさんさせていただいています。

 音楽番組出演は初めてで、テレビ画面の中に自分がいることが不思議でしかなくて、あんまり実感できなかったです。むちゃむちゃ緊張して、顔が固まってました(笑)。


 ――MV撮影は?

 ファンの方々にも細かいところまで喜んでいただけるような、MVになりました。

 ――初めてNMB48シングルで自分のオリジナル衣装が着られました

 やっぱり今までと違いました。特に14人という少人数選抜で、さらに特別感があって、選ばれし者だけに作ってもらえる衣装なので、ありがた過ぎて、ずっと着ていたかったです。

 ――9位なので、結構映っているのでは?

 ポジション的には端ですけど、たくさん動くので、映ってます(笑) 劇場公演では3列目が多かったけれど、今回は2列目ですし、歌割りも多くてうれしかったです。

夢のようでずっとほわほわ


 ――選抜のメンバーとしての仕事現場は楽しめていますか?

 14人の中に居させていただいていることが夢のようで、実感はしてるけど実感できない不思議な感情で、うれしくてずっとほわほわしてました。

 ――このあともプロモーション活動は続きます

 9位という素敵な順位をファンのみなさんからいただいたので、感謝の気持ちとご恩を忘れずに、これからの活動でお返しできるように活動していきます!

 ――その9位になった「NAMBATTLE2~愛~」は、速報からいきなりの5位でした

 順位がアンダー、選抜と呼ばれ1桁にまでなるところで、発表を見ていた私とお母さんは「まだまだ頑張らんとアカンね」って諦めた気持ちになったんです。その瞬間、私の名前が呼ばれて、「私? ウソ?」って、放心状態になりました。そこからは、ずっと息が止まってしまってました(笑)。

 ――投票前にはファンにはどんなメッセージを?

 これまで、あまり自分の思いを伝えることは無かったのですが、今回は、まじめに自分の思いを初めて伝えられました。すると、私が一推しじゃないNMBファンの方々も、応援してくれていることが、肌で実感していけました。

 劇場公演で、ファンを地道に増やしてきたので、そんなところが認めてもらえたのかなと思って、うれしくなりました。


毎回ドキドキだった順位発表


 ――中間、最終は8位と9位でした

 速報の5位からは落ちていくのは覚悟していましたが、それでも不安だらけでした。開票イベントのときは、アンダーガールズが発表し終えたところで、少しほっとしました。ただ、会場の緊張感もハンパなかったので、すぐにまたドキドキしてしまっていました。

 そこからは「いつ呼ばれるの? 不安過ぎるから早く名前を呼んで~」って思ってました(笑)。なので、9位で呼ばれたときは「良かった。ほっとした」という気持ちと「自分が1桁の数字にいるなんて…」という驚きが、ごちゃまぜでした。

 お母さんは「順位が高すぎて大丈夫? とにかくおめでとう」と祝ってくれました。


 ――その開票イベントから、ここまでの数カ月間は?

 お芝居のお仕事をさせていただけて、私は女優さんのお仕事に興味があるので、ありがたかったです。

(写真2枚)
次ページ以降を含めて写真は合計4枚

(次ページからは有料会員限定記事となります)
かわいいとかっこいいのギャップはNo.1♡ NMB48泉綾乃初選抜記念インタビュー に続く

キーワードから探す

Now Loading...

只今処理中です しばらくお待ちください