★2022年6月号

2022/06/19

STU48瀬戸内PR部隊2投票企画で健闘! 2期生原田清花ソロインタビュー

 STU482期生の原田清花(21)が、ソロインタビューで登場です。ファン投票で決める、9thシングルカップリングユニット「STU48瀬戸内PR部隊Season2」が、5月22日に決定。惜しくもランクインは叶いませんでしたが、4月13日の速報では第10位に入り、存在感を示しました。7月10日は、STU48 5周年コンサート(広島グリーンアリーナ)も控える、今の心境を聞きました。

初めて本気で挑んだ投票企画


 ――瀬戸内PR部隊Season2投票企画では健闘しました

 私自身、これまでSTU48に入ってから勝負ごと、投票企画には参加したことが無くて、ほとんど初経験だったんです。挑戦してみないと分からないこと、感じない気持ち、ファンの方の支えくださる大きさを知ることができて、本当にいい経験になりました。自分自身のこれからに生かしていけそうです。

 ――ファンの人との間にどんなやりとりが

 初めに私が「頑張りたい」と明かしたときは、驚かれたんですけど、投票期間を通して、気持ちが1つになってくださったと実感しました。

 ――積極的になってきた心境の変化は?

 もうデビューして3年目で二十歳を迎えました。「自分から行かなきゃいけない世界だな」いうのが分かってきました。

 ――2期生はデビューして、すぐに長いコロナ禍に入ってしまいましたが、この1年ぐらいは、活動的になってきました

 去年の夏の、正規メンバー昇格をかけた瀬戸内ツアーを、2期生で回ったことは、本当に楽しかったし、ファンの方々にも好評でした。ライブで回れる場所があることは幸せですよね。

得意のイラストでLINEスタンプ制作


 ――また、得意のイラストでは、STU48メンバーの似顔絵LINEスタンプまで作りました

 絵を描くことは小さいころから好きだったので、その延長線で褒めてもらったり、お仕事につながったのは、うれしかったです。

 小さいころは、マンガをマネてみたり、オリジナルで描いてみたりしていました。「東京喰種トーキョーグール」とか描いていました(笑)。


 ――なかなかグロい画も描いていたのですね(笑) メンバーの似顔絵LINEスタンプはどうやって描いていたのですか?

 1つの写真じゃ分からないものなので、メンバーの写真をたくさん集めて、何回も描き直して、完成させました。やっぱり目と口の形(の特徴を捉えるの)が、大切だと気づきました。

 今後は、瀬戸内をPRできる絵もたくさん描いていきたいです。


(写真2枚)
次ページ以降を含めて写真は合計4枚
(次ページからは有料会員限定記事となります)
綾波レイのガチコスプレ叶えたい♡ STU48 2期生原田清花ソロインタビュー に続く

キーワードから探す

Now Loading...

只今処理中です しばらくお待ちください