★2021年11月号

2021/11/22

AKB48横山由依 卒コン直前単独インタビュー(1) 今のAKB48の良さは一体感

 AKB48横山由依さん(28)が、11月27日にパシフィコ横浜国立大ホールで卒業コンサートを、12月9日に卒業公演を行います。卒業を間近に控えた心境やAKB48での活動について話してもらいました。

ふさわしいタイミング


 ――9月12日に卒業発表をしました

 約2年半前に(向井地)美音に総監督を引き継いだころから、ぼんやりと卒業を意識し始めていました。

 ソロのお仕事をさせてもらう中で、特にお芝居への情熱が強くなっていって、今年6月に舞台「熱海五郎一座」に出演したころには「しっかりと卒業を考えたいです」との思いを、スタッフさんに話しました。

 私が12年間のAKB48生活で心掛けていたのは、全力で手を抜かないこと。研究生のころからステージで汗をかいて、一生懸命さを続けてきた自信はあるので、その姿を見せられるままで卒業したかったんです。

 そして、「根も葉もRumor」は本当にハードな楽曲で、今までなら普通に乗り越えられてきた振り入れも簡単にはできずに、途中で足を痛めたりもしました。それは、体力の衰えを感じたわけでは無くて、本当にそれだけ大変なダンスだったんです(苦笑い)。

 そして、みんなと一緒に難しいダンスのレッスンをしながら、「私たちは今、熱い気持ちで活動ができている」との手応えも感じられて、この曲を最後にAKB48の人生を終えることこそが、常に全力を心がけてきた私にとって、一番ふさわしいと思えました。


 ――次のシングルまで待てば、センターもあり得たかも

 その可能性もあったのかもしれないけど、そこを目指すのではなく、私が考えるタイミングと、グループの状況を見ている秋元(康)さんやスタッフさんの気持ちが合ったので、ここでの卒業になりました。

 ――卒業を決めた理由は

 あるとき、舞台の演出家さんに「横山さんは普段はどんなことを考えて、どんな風に人と接するの?」と聞かれたとき、全然答えられなかったんです。人と関わることが好きで、総監督として周囲を見る力もついたはずなのに、自分は何が好きで、何を選択したいのか、ちゃんと自覚できていなかったと気づかされたんです。

 「お芝居を向上させるためには、まずはもっと自分を知ることが大切」だったんです。

 お芝居に正解はありません。自分の経験に加えて、教えていただくこと、想像を膨らますことで、人間を、役を豊かにしていくんだと思うんです。そこに魅力を感じてお芝居を本格的に続けていきたいと思うようになりました。


横山由依が語る今のAKB48


 ――横山さんから見て今のAKB48は?

 一体感がすごくありますよね。

 個人の競争よりも、グループとしてどう進むかを大切にしていて、「根も葉もRumor」でもパフォーマンスにかける思いだったり、振りを揃えようとする姿に、集団としてのまとまりを感じています。


 ――向井地美音総監督は?

 美音の総監督は、今の時代に合っていると思っています。昔からしっかりしてるけど、さらに言葉に力があって、その場で突然起きたことに対しても「良いことを言うなぁ」と感心させられる場面が多いです。

記憶に残る卒業コンサートに


 ――11月27日にパシフィコ横浜で卒業コンサートが開催されます

 この状況下でコンサートをやらせてもらえること自体に感謝ですし、今のAKB48をしっかり見せるコンサートにしたいです。全員で出演できない申し訳無さはあるけれど、今できる限りのことをしたいです。

 もうセットリストも決まり、リハーサルも始まりました。昔から応援してくださっている方はもちろん、新しいファンの方々にも楽しんでいただけるはずです。卒業コンサートですが、私1人のものではなく、みんなと作るコンサートにしたいです。

 出演メンバーたちは「全メンバーの分まで」と、熱い気持ちをすごく持っているので、今までで一番に記憶に残るコンサートにできるようにしたいです。


【「MXまつり 横山由依卒業コンサート〜深夜バスに乗って〜 supported by 17LIVE」無料ライブ配信】

配信日時 : 2021年11月27日(土) 17:00〜配信予定
配信アカウント : AKB48_official https://17.live/profile/r/13741515
「17LIVE」視聴方法
ご覧いただくには、以下より「17LIVE」アプリをダウンロードください。
アプリダウンロード:https://17apps.onelink.me/i7CY/17LivePR

(写真3枚)
次ページ以降を含めて写真は合計12枚

(次ページからは有料会員限定記事となります)
(2) ファンのおかげで活動ができることを心から理解 に続く

キーワードから探す

Now Loading...

只今処理中です しばらくお待ちください