★2021年11月号

2021/11/06

NMB48パジャマグラビア祭り!by浅尾桃香(1) かわいいが詰まったJKグラビア♡

 10月号の石田優美さん、イ・シヨンさんで大好評中の「NMB48パジャマグラビア」。11月号版では、7期研究生の浅尾桃香さん(17)の登場です! AKB48Group新聞電子版「Forty-Eight Times」にも、以前からグラビアリクエストの多かったもっちゃんが、ベリーキュートな姿をたくさん披露してくれました。
 インタビューでも、最近始めたTikTokについてなど、“JK”らしいフレッシュトーク。こちらも必読です。
<カメラマン・四元佳奈子>

ファン待望のソログラビア


 ――ファンの方からも本紙に「浅尾さんのソロ特集を」とリクエストが多かったです

 わーっ、うれしいです! ありがとうございます。撮影は、パジャマがめちゃくちゃかわいくって、すっごいテンションが上がりました♡ 素敵なグラビアになっているんじゃないかなと。皆さんが喜んでくれたらうれしいです。

 ――10月からTikTokをスタートさせました
 浅尾 桃香(@mochi_mochimochi48)TikTok

 はい、私は、もともとTikTokをあんまり見ていなくて、撮り方も全然分からなかったんです。だから、同期の瓶野(神音)さんが、めちゃくちゃ詳しいTikTokerなので、教えてもらって始めました。

 ――やろうと思ったきっかけは?

 私は制服が大好きで、学生モデルをしてみたかったんです。実際に、今は高校3年生で、もうJK生活もあと少ししかないので、ツイッターとかでは結構、写真を出していたんですけど、もっとアピールしたいと思って。「TikTokでも制服姿を残していこう」って考えました。

 ――こなれた感がなく、初々しさが特徴です

 あえて、出身地の東京の女子高生っぽくしています。ちゃらい感じでやろうかなと(笑)。

JKライフど真ん中


 ――高2の夏までは東京の現役女子高生でした。途中で大阪に転校しての高校生活はどうでしたか?

 学生的な思い出は少なかったんですけど、大阪に来てメンバー以外にも友だちができて、思っていたより充実した学生生活が送れています!

 ――東京と大阪の学生生活で違いは?

 大阪はスカートが長いんです(笑)。最初は違和感がありました(笑)。

 ――転校時は、浅尾さんだけが短めのスカートだったと?

 はい(笑)。転校初日は、前の東京の高校の制服を着て行ったら、太ももくらいの丈の擦カードだったので、膝丈くらいの大阪のみんなの中で「どうしよう(汗)」って思いました。「どうしよう、もうスカートの丈を切っちゃってるから、今から伸ばせないよ~」って(笑)。

 ――文化の違いは?

 しばらくは、関西弁が難しくて、何を言っているのか分からない場面が多すぎて「何語?」ってなってました(苦笑)。知らない言葉が多かったので、解釈するのが大変でした。先生の授業中の言葉にも関西弁が混じっているから、「何言ってるんだろう?」って思いながら授業が進んでました(笑)。

休日も制服姿でお出かけ


 ――残りの高校生活はどう過ごしたいですか?

 東京にいたころの学生生活と同じように過ごすのは難しいですけど、最後までJKを満喫しようって思っています♡

 ――浅尾さんが思う “JKらしさ” とは?

 なんでもない日にも制服を着て出かけることとか(笑)。ファンの方にも、ツイッターやTikTokで、私の制服姿の写真を見てもらって、まだ現役JK感を感じてもらいたいです。

(写真5枚)
次ページ以降を含めて写真は合計11枚

(次ページからは有料会員限定記事となります)
(2) もっちゃん時代が到来するよ♡に続く

キーワードから探す

Now Loading...

只今処理中です しばらくお待ちください