★2021年7月号

2021/07/13

大森美優&佐々木優佳里&武藤十夢座談会 AKB48 12期生デビュー10周年特別公演を振り返る(1) セットリスト徹底解説

 AKB48の12期生が、デビュー10周年を迎えました。6月20日にAKB48劇場で開催された「AKB48 12期生10周年特別公演」について、現役メンバーの大森美優さん(22)、佐々木優佳里さん(25)、そしてこの7月号のソロ表紙を飾った武藤十夢さん(26)の3人に、セットリストなどを振り返ってもらいました。

田野発案、武藤まとめ役


 ――12期公演の企画はどう発案されたのですか?

 武藤 (田野)優花がやりたいと、ずっと言っていました。それで、私がまとめ役をやりました。

 佐々木 楽曲選びも、優花が一番ノリノリだったよね!

 武藤 そうそう、それで私がスタッフさんとのやり取りをしていました。

 ――セットリスト作りは?

 大森 思い入れのある曲を入れたりして、思ったより早く決まりました。

 武藤 最初はグループLINEで決めるつもりだったんですが、全く決まらなかったんです。例えば「衣装は何着?」など確認事項も多くて。だから、スタッフさんも含めて、卒業生を含めたみんなで一度集まりました。

全20曲


 ――曲数が多かったですね

 武藤 先輩方の周年公演の内容を教えてもらって、9期生の10周年公演と楽曲数を合わせました。ただ、話し合っているうちに「多くない?」ってなりましたね。9期生はなんであんなにできたんでしょうね?(笑)

 佐々木 確かに! 多かったよね(笑)!

 大森 9期生は、曲の長さが短いものも多かったんです。

 武藤 私たちは、がっつりフル尺でやりました(笑)。いざレッスンが始まってからも「多いよね」って感じていました(笑)。

 ――久々の同期でのレッスンは?

 武藤 卒業生のみんな(岩田華怜、田野優花、平田梨奈)は楽しそうでしたよ(笑)。私たちよりもノリノリでした。

 佐々木 とても頑張っていました。

 武藤 「久しぶりでできな~い」とか言いながらも、しっかりできていましたよ、3人とも!

前座「ロマンスかくれんぼ」


 ――前座は岩田華怜さんのソロでした

 武藤 これはすぐに決まりました。みんなで集まる前から決まっていました(笑)。

 大森 「かれんはそれに出てくれればよい」みたいな感じで、本人もまんざらでもないって感じでした(笑)。

 武藤 「え~っ」って言いながら、ちゃんとやってたよね(笑)。

 大森 公演前に、「初々しくやってね」ってお願いしたら、ちゃんとその通りにやってくれました(笑)。10年前の面影があり「人って変わらないんだ」って思いましたね(笑)。

 武藤 初々しさを演じている感じを表現しようとしていたんですが、歌っている姿に、私は貫録を感じました(笑)。

 大森 表現に哀愁を感じたね(笑)。

 佐々木 人生経験が出ていたよね(笑)。

 武藤 かれんは昔からそういう感じだったよね(笑)。「どちらの演歌歌手の方ですか?」って感じでしたからね(笑)。

①隕石の確率


 武藤 私たちが公演曲で最初に覚えたので、思い入れがあり、みんながやりたいと思った曲です。

 佐々木 セレクション審査の楽曲でもあったから、とても思い入れがありますね。

②アイスのくちづけ


 武藤 ゆかるんの曲。いつもやってきましたよね。

 佐々木 はい! ありがたいです! 2年前のリクアワで3人で披露したのが最後でした。久しぶりに3人集まって披露することができました。

 武藤 いつメンバー増えるのかなって思っていましたよ。

 大森 この曲はメンバーを増やしちゃダメだよ(笑)。

 佐々木 やっぱり、これは12期生じゃないとダメですね(笑)。

③大声ダイヤモンド、④Everyday、カチューシャ


 武藤 最初の4曲は明るくて楽しい曲にしました。だから、②も前半に入れて「盛り上がったらいいよね」って思いました。③は12期生が、2012年12月8日のAKB48の7周年公演で披露したんです。④は、私たちが初めて覚えたシングル曲でした。

 大森 エビカツが初めての握手会だったので、とても印象に残っています。聴くたびに「この頃にAKB48に入ったんだ」って思い出します。

 佐々木 そうだね。全国握手会でも、先輩がカチューシャの衣装を着て踊っているのをずっと見ていたよね。

(写真3枚①②③)
次ページ以降を含めて写真は合計14枚(本人の12期公演のオフショットあり)

(次ページからは有料会員限定記事となります)
(2) デビュー時に西武ドームでビキニに?

キーワードから探す

Now Loading...

只今処理中です しばらくお待ちください